賃貸マンションは、修繕積立金、固定資産税は支払う必要はありません。家賃の支払いだけでいいのです。

賃貸住宅を選ぶ理由について

NAVI

賃貸マンションのメリット

マンションを購入するか、賃貸マンションとして家賃を支払い続けるのがいいのか非常に迷うところです。マンションを購入しますと、自分のものになります。現金で一括で支払うことができる人は少なく、ほとんどの人が長期にわたりローンを支払い続けるのです。会社に勤務している間にローンを払い終えた後は、月々の支払いがなくなるのです。退職して収入が減る頃です。しかし、賃貸でのマンションは異なります。

死ぬまで、毎月家賃を支払い続けなくてはいけません。しかし、賃貸マンションにも大きなメリットはあるのです。ボーナス月の支払いはありませんので、ボーナスを自由に使うことができるのです。また、マンションの水周り、ガスなどが壊れたときは大家さん、不動産業者に連絡して直してもらうのです。マンションの設備も賃貸であるため、故意の破損でなければ直す必要もありません。もちろん月々の修繕積立金も支払いません。

賃貸マンションはマンションのオーナーの資産ですので、固定資産税もオーナーがしはらいます。賃貸で借りると家賃だけが住宅にかかる費用なのです。家賃補助が会社であるのであれば、会社を退職するまで、賃貸で過ごし、その間にお金をためて、退職後に小さなマンションを購入するのもいいかもしれません。

関連サイト

Copyright 2017 賃貸住宅を選ぶ理由について All Rights Reserved.